image_8652348732.jpg image_8652348733.jpg image_8652348734.jpg

様々な種類があるケースはiphone 7には必須でしょう

iphone 7では、スピーカーが導入され、イヤホンジャックが廃止されました。このことでこれまでのケースが使えず、新たにケースを買うか買わないかで迷っている人もたくさんいるでしょう。

ケースを使わないと、ケース代も掛からないですし、iphone 7のデザインをそのまま楽しむことができます。そして、ケースがない分、コンパクトになりポケットに入れても邪魔になりません。しかしその反面、iphoneの表面はツルツルすべるので、ケースを使わないと落としやすく、本体に傷がつきます。ポケットに入れた場合も同様で、ポケット内でこすれて引っかき傷もできます。ですから、傷からiphone 7を守ることのできるケースは必需品と言えます。特に新色のジェットブラックは傷がつきやすいので、必ずケースに入れた方が良いでしょう。また、ケースに入れることで、気分によってケースを変えられるという楽しみも増えます。

ケースにはさまざまな種類があります。手帳型ケースは前面も背面も保護でき、さらに内側にカード入れがついているなど、保護以外にもプラスアルファの機能がついているのが特徴です。豊富なデザインとかわいらしい見た目が女性に受けています。そして、背面ケースは背面を保護するためのケースなので手帳型よりかさ張らないです。手帳型と同じく色やデザインが豊富で、安価なので人気があります。バンパーケースは、背面を覆わず、サイドを保護するタイプのケースです。側面に取り付けるので本体のデザインを損ないません。しかし、デザインが少ないのが難点です。バッテリー内蔵型ケースは、バッテリーがケース自体に内蔵されているので、外で頻繁に使用する人に向いています。

このようにケースにはさまざまな種類があり、色やデザイン、素材、ブランドも含めるとさらに多様となります。しかし、お気に入りのケースが見つかったとしても、購入する際は、iphone 7用とiphone 7plus用を間違えて選ばないように注意しましょう。

image_8652348735.jpg
image_8652348736.jpg
image_8652348737.jpg