image_8652348732.jpg image_8652348733.jpg image_8652348734.jpg

スマホの電話料金設定は自分の利用状況に合わせて考えましょう

スマホの購入を検討したとき、月々に発生する電話料金に疑問を抱いたことがあると思います。大手キャリアの月々の電話料金は、平均10000円程になりますが、格安スマホと呼ばれるものは、端末代を含めても3000円程です。この金額の差はどういったところにあるのか見てみましょう。

そもそも格安スマホはなぜ低価格で利用できるのでしょう。格安SIMは仮想移動体通信事業者が大手キャリアなどから設備を借りて、独自のサービスを行っています。その為、大手キャリアのスマホよりも安い電話料金で利用できるのです。

image

しかし、そこにはちゃんとした理由があります。利用者数や混雑などの状況により通信速度差が出ます。また、高速データ通信の容量が多くなると、速度制限がかかります。データ通信容量が毎月少ないから、という方には向いているスマホとも言えます。

大手キャリアのスマホ端末には、その電話料金を支払っても格安スマホより良い点があると思います。一つに、データ通信が早いことが上がります。

格安スマホと反対の理由で、安定した高速通信を利用できるのです。また、一番の強みに、通話量の安さがあげられます。ほとんどの大手キャリアのスマホ料金プランには、電話かけ放題があります。仕事やプライベートで電話をかけることが多い、無料通話アプリも利用するがそれでも電話をかけることが多いという方は、逆に格安スマホを利用する方が高くなる場合もあります。このように、大手キャリアの電話料金プランが、格安スマホより高く設定されているのには、それなりのサービスが約束されているからといえるでしょう。

では、結局どちらのスマホを使う方がお得になるのでしょう。それは、利用者がどのような状況でスマホを利用するかによると思います。仕事でスマホを頻繁に使う方が、格安スマホに変えて仕事効率が悪くなるのなら意味がありません。逆に、格安スマホで充分事足りている方が、大手キャリアを使い続けるのももったいない気がします。自分がどのようにスマホを利用するかを把握してから、どちらのスマホを使うか決めていくのがよいでしょう。

image_8652348735.jpg
image_8652348736.jpg
image_8652348737.jpg